2 results found.

東京都内のうさぎカフェ

東京都内のうさぎカフェをまとめてみました。 うさぎカフェとは、 店内でうさぎさんをなでなでしたり、 おやつをあげたり、追いかけっこをしたり うさぎを愛でるところです。 うさぎさんをお迎えご検討中の方にも、 実際に触れ合うことが出来る為、 うさぎさんを知ることが出来る場所でもあります。 東京のうさぎカフェ一覧(おすすめ) ※写真は全てうさびびのうさぎを使用 うさぎカフェ「うさびび」(池袋) 東京都豊島区池袋2丁目42-9中川ビル5F 営業時間:11:00~21:00(最終入店20:30) TEL:03-6914-2557 定休日:水曜日(祝・祭日は営業) 料金:30分700円 1時間1,100円 延長:30分550円 うさぎさんのおやつ200円 池袋は乗り換えに便利で東京でも人の 乗降率が一番多い駅です。 うさぎカフェ「うさびび」は うさぎと一緒に遊べるうさぎカフェ。 おやつが大好きなうさぎさん、 遊ぶのが大好きなうさぎさん… うさびびのうさぎさんはとっても個性豊か。 のびのびとした空間で、うさぎと一緒に遊ぶことを望んでいる方に ピッタリのうさぎカフェです。 うさびび名物 「うさぎじゃらし」 ねこじゃらしのうさぎ版 「うさぎじゃらし」 で遊べるのはうさびびだけです。 また、店内も明るく美しいうさぎを見たり、 綺麗な写真を撮ってインスタにUPしたい方にもおすすめ。 うさぎカフェ うさびびは、 究極のうさぎカフェを目指し、日々進化しています。 飲食の持込み可、ドリンク付き また販売・里親なしの純粋なうさぎカフェですので、 自分の子のように接することが出来るのも特徴です。 うさぎさんの爪切り、うさぎホテル、 うさぎさん同伴なども行っております。 新・遊べるうさぎカフェ「うさびび」の遊び方 うさぎさんの種類は、 ネザーランドドワーフ、ホーランドロップ、 ドワーフホト、ロップイヤーラビット、 ライオンロップ、純血ライオンヘッド(希少種)、 ミニレッキス 平均予算700円~1300円 (うさぎさんのおやつ、うさぎ用品・グッズ販売あり) うさぎの絵本(下北沢) 東京都世田谷区北沢3丁目30-1Kビル2F 営業時間:平日14:00~19:00 土日祝日13:00~18:00 TEL:03-3446-5081 定休日:月・木曜日 平均予算:1,000~1,150円 うさぎカフェうさぎの絵本。 うさぎ雑貨やフードもあるうさぎカフェ。 うさぎはその子のコーナー(サークル内)に入り 愛でるタイプのうさぎカフェ。 落ち着いた雰囲気なので、 まったり出来るうさぎカフェ。 うさぎさんの種類:ネザーランドドワーフ、 ホーランドロップ、MIX うさぎと遊べる専門店Ra.a.g.f(原宿) 東京都渋谷区神宮前6丁目14-15 メゾン原宿3F 営業時間:平日12:00~19:30(最終入店19:00) 土日祝日:11:00~20:00(最終入店19:30)  TEL:03-6805-0328 料金:30分800円(子供700円) 60分1,100円(子供900円) 延長30分550円(子供450円) うさぎさんのおやつ150円 こちらは触れ合いがメインのうさぎ専門店のうさぎカフェ 飲食の持込み可能。 ドリンク付き。 原宿という場所柄、観光の方が多いのも特徴です。 うさぎさんの種類は、ネザーランドドワーフ、 ホーランドロップ、ロップイヤーラビット、 フレンチロップ、ミニレッキス、MIX、 ライオンMIX 平均予算:700円~1250円 うさぎ専門店&うさぎカフェPetit Rabbitry(西東京/東伏見) 東京都西東京市富士町4丁目17-7 片井木1F西側 営業時間:平日14:00~20:00  土日祝日13:00~20:00 定休日:火曜日 TEL:080-5548-3904 料金:30分300円 うさぎ専門店&うさぎカフェ Petit Rabbitry ラビトリー(うさぎを繁殖する場所)を 一部改修してうさぎカフェにしています。 同時に2組までしか入れませんが、 気兼ねなく触れ合うことができます。 ドリンクは無料の自販機が設置してあります。 大型種が多いのが特徴です。 うさぎカフェ・うさぎホテル うさぎさん(鶯谷) 東京都台東区根岸3-5-4根岸ビル1階 営業時間:土日のみ12:00~20:00 TEL:080-4383-7060 うさぎカフェ&うさぎホテル うさぎさん(鶯谷) 土日のみうさぎカフェを開放しています。 料金:60分600円(1ドリンク付き) 90分900円(1ドリンク付き) 延長:10分100円 生体の販売もあります。 うさぎさんの爪切り、グルーミング、 […]

詳細を見る

東京よさこい(第16回)…ふくろ祭りのお知らせ(池袋)

東京よさこい(ふくろ祭り)とは 池袋西口の最大のお祭りになります。 2015年池袋での開催日時: 9月26日(ふくろ祭り前夜祭) 9月27日(ふくろ祭り神輿の祭典) ※西口公園ステージ、詳細はふくろ祭り公式HPを参照して下さい。 池袋西口駅前特設ステージ(メイン) 14時~20時 10月10日(踊りの祭典) 11時~20時 10月11日(第16回東京よさこい) 11時~20時 東京よさこいコンテストとは、 池袋を中心に区内9会場(池袋西口駅前がメインステージ、 池袋西口公園、みずき通り、アゼリア通り、四商店街、 池袋東口サンシャイン60通り、巣鴨駅前広場、目白駅前広場、大塚駅北口会場) でよさこい踊りが繰り広げられ、大賞として東京都知事賞が 贈られる都内最大級のよさこいイベントです。 かっぽれや佐渡おけさ、池袋やっさ踊り、よさこい踊りなどの『踊りの祭典』。 しめくくりに「東京よさこいコンテスト」が行われます。 東京よさこい(池袋会場)はふくろ祭りの後半という位置づけになります 去年初めて見ましたが、西口がすごく活気に溢れ いつもとは全くことなる街に変貌します。 道路や歩道も時間帯によっては一部通行止めになることもあります。 道を歩いているとだいたいよさこいに遭遇します。 やはりメインは池袋西口駅前広場です。 ふくろ祭りとは 豊島区民祭り「ふくろ祭り」は、ダンスショーやバンド演奏、 和太鼓演奏、そして壮大な『御輿の祭典』が行われます。 御輿の祭典では、 御輿30基余参加による「御輿大パレード」が行われ、特に宵御輿は見ごたえがあります。 こちらも、ものすごい活気です。 前夜祭も普段人通りの少ないうさびびの真下が人で埋め尽くされます。 「わっしょいわっしょい!」 下から声が聞こえてくる?と思ったら神輿の祭典前夜祭で、 神輿が通っていきました。 道の広くない商店街を縦横無尽に通ります。 池袋西口駅前の広場がやはりメインステージです。 駅の目の前で和太鼓や神輿が パフォーマンスを繰り広げる様は圧巻です。 お祭りといえば東京では「下町」 というイメージがありますが、 こちらもかなりの見ごたえがあると思われます。 出店などは西口公園に集結しています。 その他、商店街の方でも、各店舗前の路面で出店されていました。 お祭り好きな方はぜひ足を運んでみて下さいませ。 ※2015年のふくろ祭りは無事終了いたしました。 次回の池袋のお祭りは10月10日,11日の 東京よさこいになります 東京都豊島区池袋2-42-9 中川ビル 5F 池袋うさぎカフェ うさびび

詳細を見る