1 results found.

【新】うさぎの不正咬合の予防…正しい歯の削り方

【新】うさぎの不正咬合の予防法…正しい歯の削り方 うさぎの歯は1年間で、約30cmほど伸び続けます。 30cmも伸びたら食事がとれなくなりますね… ですので、通常はうさぎさん達は普段、 食事をとことで歯を削っています。 うさぎの咀嚼は歯と歯をすり合わせる運動をします。 歯並びが悪かったり、正しい咀嚼運動が出来なくなると、 不正咬合 という歯並びの悪い病気になります。 これは、自力で物が食べれなくなったり、 自分の歯が刺さってしまったり、 他の病気を誘発させるなどうさぎさんにとって とても恐ろしい病気です。 うさぎの不正咬合は歯の噛み合わせの悪さからなる病気です。 不正咬合による主な症状 物がうまく食べられなくなる。 歯が伸び続けて刺さってしまう。 膿瘍を引き起こし、身体の組織が溶けてしまう等… 原因は? 生まれつき歯並びが悪かったり、 歯が折れてしまった、 固形の固いものばかり食べていた等… うさぎさんの咀嚼の仕組みについて うさぎさんの咀嚼は、 前歯で噛み千切った物を奥歯で磨り潰して食べます。 (横運動) 一般的には固いものを食べると歯が削れるとされています。 ペレットのような固形で固いものを食べる時、 奥歯を横にスライドさせて食べるのではなく、 縦に噛み砕いて食べています。 これはうさぎの本来の食べ方ではない為、 奥歯に余計な力が入り、 歯がギザギザに削れてしまいます。 これは、「スパイク」と呼びます。 歯がギザギザになってしまうと、 本来の横運動の食べ方が出来なくなります。 野生のうさぎは木の皮をかじり、 野草などを食べて生きています。 人工的に作られたものではなく、 うさぎの本来の主食である生のものや牧草を 食べさせるのが不正咬合の予防になります。 固いものを食べて歯を削るのではなく、 咀嚼に応じて歯と歯を擦り合わせて歯を削る… これがうさぎの歯の正しい削り方です。 さらに野菜等は、水分が多い為、 毛球症予防にもなります。 (水分を多く摂取すると、胃に詰まったものを流しやすくなります) では現在のうさぎさんの食生活の主流である ペレットは必要ないのでしょうか? 野菜の栄養バランスをきちんと考えることが出来れば、 必要ありません。   ただ…一般家庭において、栄養バランスを考え、 野菜のみで生活させることは難しいです。 スパイク(奥歯の不整咬合)が気になる方は、 固いペレット(ラビットフード)よりも、 野菜や牧草を与えて下さい。 前歯は動物病院で麻酔なしで切ることが出来ますが、 奥歯に関しては麻酔が必要になります。 (麻酔なしで可能な獣医さんもいらっしゃいますが、 うさぎが暴れて口の中を切ったり、 誤って舌を切断してしまうリスクもあります。) また、うさぎは麻酔そのものにもリスクがあります。 これは、うさぎには麻酔が効きにくい為、 他の動物に比べ、麻酔の量が増えてしまい、 そのまま目覚めなくなる事故がある為です。 ですので、麻酔が必要になることは うさぎさんには避けたいです。

詳細を見る